キャンペーン

あなたのかかりつけの先生へのメッセージ「入選メッセージ」

2016年(7月1日~12月31日)募集分

入選メッセージ数:123件

D先生、いつも有難うございます。
4年程前、急に腕が痛くなり通い始めたのがきっかけでした。引っ越して5年が経ち初めての定期的通院です。
それ以後、全く自覚の無かった高血圧、骨粗しょう症予備軍等々の症状が見つかり、治療して頂いています。
慣れない土地での不安等は薄れ、D先生の温かな眼差しや検査結果を見ての「いい感じですねぇ」の言葉には、信頼感と安心感を頂き心から良かったと思いました。
また、今年3月には人生初の蕁麻疹になり点滴を受けました。
看護師さんの皆様も優しい笑顔で対応してくださいます。
様々な患者さんに同じ様に温かな言葉をかけられていらっしゃるでしょうD先生は、これからも患者さんに寄り添ってくださる事と思います。

  • ちび太 さん
  • 愛知県
  • 60代

小学6年生の息子が鉄棒から落ちて腕を骨折し、かかりつけの病院に行った。息子は翌々日に迫った修学旅行にどうしても行きたいと泣きながら訴え、単純骨折だったこともあり、先生は手術した後に「痛いのを我慢できるなら行って来い」と旅行を許してくれた。先生、一生に一度の息子の修学旅行の思い出を作ってくれてありがとう。

  • 木立慈雨 さん
  • 宮城県
  • 50代

43年前の夏のこと。職場で一泊の慰安旅行に出かける前日、私の背中には大きなおデキができて、何と切開手術となってしまいました。就職したてで、会計にもなっていたので、大弱りだった私に、先生は「明朝6時、次の日は夜遅くなってもいいから裏口のブザーを押しなさい。けどな、温泉に入ったらあかんよ。」と笑いながら融通をきかせて下さった。夜中の急病の時は『だれかいるから何とかなる』ともいっていただいた。病院は大きくなって、役職にもつかれて、今では直接診察をしていただくことは少なくなったけれど、時折院内で西郷隆盛のような大きな後ろ姿を見かけると、ホッとします。どうぞ、お元気で。

  • 藤田清子 さん
  • 三重県
  • 60代

7年前に検診へ行った時、癌が見つかりました。
珍しい癌で早期発見できたのが奇跡的だったそうです。聞き慣れない癌の名前に家族全員戸惑うと共に、不安で胸が押しつぶされそうでした。
そんな日々の中、いつも気にかけてくれたのがH先生です。明るくて優しく、患者さんにも人気のある先生です。手術の腕も信頼できると評判で、この先生のことを信じてみようと決意しました。
2回の手術の後や抗癌剤治療中、痛みに耐える私の病室に何度もやってきて状態を聞いてくれた先生。
不安なことは何でも答えてくれて、この先生と頑張ろうと何度も思ったものです。
あれから何年も経ち、私は元気に生活できることの素晴らしさを噛み締めています。H先生、ありがとう。

  • こと さん
  • 広島県
  • 60代

10月くらいに血尿、腰が痛いので腎臓結石を疑って11月に地域の病院に行きました。CTまで撮って腎臓も尿道も特に問題なしでよかったのですが、腰痛のために通院し、よくなったと思ったら風邪を引いてまた通院。O院長先生とは5年前に大腸がんの精密検査を受診してからのおつきあいです。もう私の身体のことは嫁さんよりもよくご存じですね。参ったなこりゃ。

  • 望月門 さん
  • 東京都
  • 50代