キャンペーン

あなたのかかりつけの先生へのメッセージ「入選メッセージ」

2016年(7月1日~12月31日)募集分

入選メッセージ数:123件

十年ぶりに地元に引っ越すことになりました。風邪をひいた子どもを連れ、久しぶりに自分が幼いころ通っていた病院へ。
子どもと病室に入れば、先生は「○○ちゃん、お母さんになったんだね」と。先生はなんと十年以上も顔を見せなかった私のことを覚えていたのです。
ただの患者としてではなく、個人として見てくれていたんだなぁと感激しました。
先生、今後は親子ともどもよろしくお願いします。

  • きーこ さん
  • 栃木県
  • 20代

これは私が入院していた時のエピソードです。いわゆる年1~2回の定期検診で、運よく早期で発見してもらい手術を受けることになったのです。外来と入院で何十人という患者を受けもちながら、疲れた様子もみせず休みもとらずに一人一人にやさしく接してくださったK先生。患者の中にはわがままな人もいたのですがその時はきぜんと注意をされていました。孫と祖母くらいの年の差でしたね。これこそ医師の患者に対する愛情だと私は感じました。一つお願いがあります。医者が倒れたら患者は困ります。くれぐれも体をいたわって下さい。

  • 今植澄子 さん
  • 奈良県

私は(循環器科の)E先生にお世話になりもう五年が過ぎようとしてますね。自分勝手の想像ですが、医師は皆、つんつんして生意気という思いがありました。そんな私の気持ちを見事に覆してくれたのが先生です。時にはわがまま言っても聞いてくれますね。患者さんの気持ちを大切に見守ってくれる。そんな先生。これからも長い、おつきあいになると思います。私も頑張るので、先生もお体に気を付け私たち患者の力になってください。
私の赤ひげ先生へ。

  • 倉沢辰子 さん

娘は三歳。
生まれたときから通っている先生にしか、おなかを見せられません。
たまたま休診中で他の先生の所へ行ったとき、泣いて口も開けなかったんですよ。
幼くても、ちゃんとわかっているようです。
先生の笑顔から、感じ取っているのです。
安心と信頼が、そこにあることを。
きっと娘も私も診てもらうと同時に、先生の笑顔を見に行っているのだと思います。
だから先生、おなかの中にいる第二子も、どうかよろしくお願いします。

  • ぱんまろ さん
  • 神奈川県
  • 30代

K先生。先生には小学校の頃からずっとお世話になっています。毎年のインフルエンザの予防接種から、風邪や腸炎まで、色々な理由で先生のところに伺う私を、いつも温かく迎えてくださる先生。K先生のところに行くだけで、たとえどんなに体調が悪くても、なんだか少し楽になったような気がするのです。そんな先生の診療所は、そのお人柄と手腕によるものでしょう、いつも人で溢れています。お年寄りの声に耳を傾け、赤ちゃんを優しくあやし、治療なさっているその姿を拝見するたびに、地域の方に真に愛されるべき先生なのだといつも感じています。これからも、お身体お気をつけて、どうか私たちを見守っていてくださいね。

  • ゆっこ さん
  • 東京都
  • 20代