キャンペーン

あなたのかかりつけの先生へのメッセージ「入選メッセージ」

2016年(7月1日~12月31日)募集分

入選メッセージ数:123件

子どもの小学校の校医でもあるかかりつけの先生は、みんなの成長を目を細ませて見守ってくれる。そして患者を診る目は心から心配してくれるけれど、そこに医者としての矜持も見え隠れし、いつも頼りにしてます。

  • 村田千賀子 さん
  • 東京都

40年ぶりに先生のもとへ走りました。孫の急な高熱に慌てましたが、先生の顔を見たらほっと安心しました。先生の声、穏やかで優しくて昔と一緒です。しかも私を覚えていてくれたとは。「心配いりませんよ。それにこんなに厚着させなくても大丈夫。お孫さんよりも、のりさんがもっと温かい恰好で来てください。風邪ひきますよ・・・確か昔も同じこと言ったような」。先生の言葉から40年前のことを思い出します。娘が高熱を出したとき、慌てて連れて行ったときのこと。今と同じように「お母さんが温かい恰好してください。風邪ひきますよ」と笑顔で答えてくれ一気に安心しました。娘も孫もそして私も先生の医療と優しさに救われています。

  • のり さん
  • 福井県
  • 60代

一人暮らしの実母は87才で要介護2で週2回のヘルパーさん、週1回のデイサービス、そして月に2回地元の先生に往診してもらい何とか生活しています。週末には4人の子供達がそれぞれ帰り農作業です。
実母が怪我をして毎日消毒が必要な時、インフルエンザの予防接種の時等は必要に応じて往診して下さるので助かってます。地元の先生で緊急時にも対応されて下さり、気さくな先生に感謝しています。大病院の偉い先生もすごいのでしょうが、田舎で高齢者に寄り添って下さる先生の存在は大きいと思います。ずっ~とお元気でいてほしいです。

  • 落合裕子 さん
  • 60代

H先生へ(消化器内科)

並んででも食べたいラーメンがあるように、待ってでも診てほしい先生がいます。名医かどうかはわからないけど、開業以来のおつきあい、私の主治医H先生です。
気さくで明るくて、ちょっと口の悪いところもあるけれど、何でも相談できる友達みたいな先生。聞けば答えてくれる安心感。先生の顔を見るとなんだか元気になっちゃう気がして。先生はやっぱり地域の人たちの頼れる主治医です。これからもお元気で。すえながくよろしくおねがいします。

  • 桂花 さん
  • 石川県
  • 60代

先端医療で最前線を走る医師は価値があるでしょうが、精神科という領域で日々患者さんの悩みに向かい合う、地味な医療も意義は大きいと思います。先生はCTなどの検査を行うだけではなく患者さんとの対話をとても大切にされています。先生ほど、患者のいろいろな話を良く聞いて下さる方はいないと思います。思えば私が長い心の病から一応抜け出して、普通の生活が出来るようになったのも先生のお陰と感謝しています。精神科の医療の基本は、医師と患者の信頼関係だと思います。医師の言うことが信頼出来て初めて、心の病も快方に向かうのです。その点早くから信頼できる先生に出会えたことは幸せでした。先生、今後もよろしくお願いします。

  • 豊吉哲生 さん
  • 北海道